ワンステップ格安

100本まとめ買いなら90円以下というコスパの良さ

海外製で人気のある排卵検査薬の一つと言えばワンステップのような印象がありますが、どうして、そんなに利用者が多いのでしょうか。

人気の理由は、ズバリ!コスパの良さ。
ただ安いだけじゃなく、LH(黄体形成ホルモン)の検知率も99%と高いので、「製品がしっかりしているのに安い」というように、本当の意味でコスパが良いのだと言えます。

実際に日本で利用されている方が多く、ブログなどで情報配信してくれているのもポイントかもしれません。

そんな排卵検査薬の中でも売れているワンステップの一番人気は、50本セット(4,300円)のようですが、更に100本セット(7,900円)になると、1本あたり79円。
これだけ安ければ、多少の失敗は気になりません。

セット内容 価格 単価 送料 備考
20 本 1,960 円 98 円 840 円  
50 本 4,300 円 86 円 840 円  
100 本 7,900 円 79 円 840 円  
200 本 13,800 円 69 円 無料 ルイボスティー付き

100本セットだと、まだ送料無料とまではならないので、総額も抑えて単価も安い50本セットが使い勝手良さそうです。

海外製なのに人気のある理由は?

でも、わざわざ時間のかかる海外から取り寄せとなるのにも関わらず、そこまで人気となるのは、他にも理由があるのでしょうか。

今すぐに排卵検査薬が必要というなら、産婦人科を受診して処方箋を出して貰ったり、調剤薬局へ直接行って購入する方法もあります。それでも、なぜ海外から?

その理由は、海外から届くまで時間がかかると言っても、日本で買う場合も割と時間も手間もかかる事でしょう。その上、1本あたりの単価が高い・・・。

薬事法の関係で排卵検査薬の通販は許可されていないので、まず、ネットで買えないのがひとつ。更に、近くの調剤薬局が有っても、対面販売で買う手間だったり、置いていない時には、結局取り寄せに時間がかかる事もあります。

そして、日本製排卵検査薬はコスパが悪い。
だいたい1本あたり400円~500円程するものが多く、それでいて、排卵日予測は、1日~1.5日前のものが多くタイミングも合わせづらい・・・。

それに対して、ワンステップ排卵検査薬なら、1本100円以下で購入できるのに、最大で2日前の排卵日予測も可能となっているので、時間的にも金銭的にも最適な部分が人気になっているのではないでしょうか。

そもそもワンステップは通販できるの?

排卵検査薬を日本で入手するには、産婦人科を受診して処方してもらうか、調剤薬局で購入するしかないそうです。

ただ、いちいち病院を受診するのは面倒だと感じてしまうものですし、調剤薬局もそこまで数があるわけじゃないと思います。そのため、自ずと通販で海外製の排卵検査薬を購入する女性が増えていくのは予想がつきます。

一昔前なら、ネット通販に抵抗が有ったという方も居るかもしれませんが、今では、誰でもスマホを持っていますし、みんな通販しているので抵抗も有りませんから。

確かに、通販の方が断然簡単ですからね。
そもそもなぜ排卵検査薬が普通に通販できないのか、個人輸入に限られているのかということに疑問を感じている人も多いと思います。

まとめて買うと更にコスパが良くなります

ワンステップ排卵検査薬は、アメリカ製で日本ではまだ認可されていないため、購入には個人輸入を介す必要があるみたいです。

それだけ聞くと、ちょっと面倒なようにも思えますが、個人輸入と言っても実際は普通の通販と大差無いため、むしろ日本製の排卵検査薬を調剤薬局や産婦人科で入手するより、手っ取り早くて簡単だと考えている人も少なくないでしょう。

加えて、海外の相場で決まっている事で単価がかなり安いということもあり、ワンステップ排卵検査薬は日本でも高い人気を誇るのだとか。円安の時代でも安く買えるのは、ありがたいことだと実感します。

「安いと言っても、具体的にはどれくらい?」

個人輸入の場合、送料もかかるので、少し日本製排卵検査薬より安いくらいじゃ意味が無いかな、と思いつつも、実際は、100円もしないだけでなく送料がかかっても840円ほど。日本で通販するのより下手したら送料も安いですね。

日本製排卵検査薬の場合、一番お手頃と言われるドゥーテストですら単価は400円くらいすることを考えると、送料を込みでもかなりの安さですね。ちなみに、単価が100円弱というのは20回分セットの場合で、50回分セットを買うと80円以下まで安くなるそうです。

となると、ワンステップ排卵検査薬は、まとめ買いがお得ということになりますね。