薬局で購入する場合は?

対面販売も努力義務に変わったそうです

日本製の排卵日検査薬は、法律の関係上、普通のドラッグストアや薬局に置くことはできないため、調剤薬局にしかないそうですね。と言っても、産婦人科から処方箋をもらうことまではしなくて良いみたいですが。

調剤薬局となると、住む地域によってはかなり数が限られてくると思いますが、それ以上に面倒なのが、購入手続き。なんでも、専用の書類に名前や住所、電話番号などの個人情報を、細かく記載しなければいけないのだとか。

ここまで要求されるとなると、精神的に抵抗を覚える人も、多いですよね。

私も、ここまで根掘り葉掘り聞かれるなら、通販で海外製の排卵日検査薬を購入するので良いかな、と思っていました。しかし実のところ、数年前に調剤薬局でのそうした面倒な購入手続きは、改善されたみたいなんです。

具体的には、上記のような個人情報を教えなくても、購入できるようになったんですね。以前は、強制だったものが今では努力義務という事になり、薬剤師側で都度判断すればいいのだとか。

そのため、使用経験の有無を聞かれたり、使用方法の説明を受けたりするだけで良いそうです。何度か調剤薬局での購入経験があるなら、「あれ?今日は聞かないの?」と反対に疑問を感じたかもしれませんね。

こんなに調剤薬局での購入手続きは、簡単になっていたんですね。いつから変わったのかなんて、全然知りませんでした。これなら、勇気を出して薬剤師さんに排卵日検査薬が欲しい旨を伝えるだけで良いので、買いやすくなったのかもしれません。

後は、見合った価格にまで下がってくれるともっと良いんでしょうが・・・。