日本製ドゥーテストと比較

海外製ワンステップ排卵検査薬なら4分の1以下

日本の排卵日検査薬でお馴染みと言えば、ロート製薬の「ドゥーテスト」だと思います。
排卵日検査薬にまだお世話になったことが無くても、その名前は聞いたことがあるかもしれません。

実際、感度が中程度ということもあり、使用している人も、「チェックワン」や「p-チェック」などの、他の日本製排卵日検査薬に比べて多いみたいです。

しかし、ドゥーテストは決して、安いものではないんです。
確かに、日本製の排卵検査薬の中では一番安いようですが・・・。

ドゥーテストの価格は、具体的には、単価が400円くらいするんですね。そのため、不妊治療に用いる場合、毎月3,000円ほどの出費を組み入れなくてはなりません。しかも、なるべく確実にタイミングをはかるため、1日に1回と言う規定よりも、多めに排卵日検査薬は使用した方が良いことを考えると、最終的にはかなりのお値段になると思います。

まだ慣れない内は、1日に2~3回検査した方が良いみたいですから、そう考えると、慣れるまでお金が嵩みます。慣れるっていうのも良いのか悪いのかという気がしますが。

そんな金銭的な負担を抑える為に利用されている方が増えているのが、最近よく見かけるようになった、個人輸入で購入できるアメリカ製排卵日検査薬「ワンステップ」みたいです。

なんでも、これならドゥーテストと同程度の感度でありながら、単価は100円以下と破格の安さなのだとか。これなら、送料込みでもワンステップの方が、ドゥーテストより大分安く済みそうですね。

正確には、ドゥーテストよりちょっとだけ良い位だそうですから、それでコストも4分の1ともなれば、多少失敗しても気持ちの面での負担も少なくて済みます。