ワンステップとクリアブルーを比較

感度の良さか表示の分り易さかで選ぶべき?

海外製排卵検査薬の中でも人気のワンステップとクリアブルーですが、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。特徴的な部分を比較してみたいと思います。

まず、ワンステップ排卵検査薬ですが、改良されて新しいバージョンが販売されるようになりました。これからはこちらのバージョンに統一されているようですが、その中で変わった部分の一つが感度の良さです。

今までは、尿中の黄体形成ホルモン(以下:LH)が25IU/L以上となると陽性反応をするようになってましたが、これからは、更に感度がアップしました。20IU/L以上で陽性反応するようになったので、今までよりもLHサージの開始に近い段階でお知らせをもらえます。

その分、排卵日が近くなったらこまめにチェックすることで、今までよりも正確にLHの上昇を把握しやすくなると思います。

このように感度の良さで比較すると、クリアブルーイージーは、40IU/LとLHの濃さがある程度濃くなってからでないと表示されないので、早い段階でLHの嘲笑を確認する時に活用すべきか、それとも、排卵のタイミングが近くなってから確認したいのかによって使い分け出来ると思います。

新しいワンステップ排卵検査薬のテストラインの濃さもLHが濃くなるにつれて、はっきりしたものに変わってくるので、その色の濃淡から今どのくらいなのか排卵のタイミングに近いかどうかを確認するのも一つの方法です。

クリアブルーイージーのデジタルバージョンのように、陽性か陰性かがはっきりするのは良いですが、テストラインのように色の濃淡を見ることができないので、その辺もワンステップとどちらが良いのか確認しながら、使い分けていくと、もっと正確なタイミングを知ることが出来るようになるかもしれません。